Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専門用語

オンサイトで働くようになってから実感したこと。


当然のことだけど、翻訳では専門用語を押さえていることが優先される。

こなれた日本語よりも。

専門分野の内容になると、どうしても意味がわからなくて最終手段として直訳に逃げてしまうこともある。


その場合でも、訳注をつけるかつけないかでクライアントさんに対する印象が大きく変わる。


クライアントさんの会社名がわかっているときは、必ずサイトをチェックして使われている用語を確認する。


当たり前過ぎることを書いてしまいましたが、これが出来ていないために翻訳会社を変えるクライアントさんがいるのです。


もったいないです。
スポンサーサイト

おつかれさま

今日は職場の歓送迎会があった。


キャリアを積むために職場を離れる人。


その人にお世話になり感謝の気持ちを伝えようとしたけれど、ありがとうという気持ちが溢れ過ぎて泣き出した人。


困ってどうしようもない時に助けてもらったんだなぁ。


すごく良い関係を築いてきたんだなぁと思った。


私も感謝の気持ちを伝えたい人がいるけれど、残念ながら伝えられていない。いつか伝えられたらとは思ってるんだけど…

続きを読む

目が語る

今日、パン屋さんに行った。


レジのお姉さんはマスクをしてた。


ここまでは普通なんだけど、
普通にレジを済ませて
「ありがとうございます」と言われて終わりと思っていたら、目に意識が行ってしまった。


元気な笑顔を目だけで表現していたのだ。


マスクをしていると、あまり表情が他人に見えないと思って顔の筋肉が弛んでしまいがち。


でも、ちゃんと見えてるんだなぁ。


その笑顔のおかげで今日1日気分良く過ごせそう。


挨拶のときの表情って大切だな~

ありがとう

今も原発では職員や自衛隊、スーパーレスキュー隊の人たちが日本の皆のために身体を張って原子炉を守ってくれている。


最近までは不安がすごく大きくて考える余裕がなかったんだけど、この人たちのおかげで被害が最小限に抑えられているんだなと思ったら感謝の気持ちでいっぱいになった。



日本が好きになった。今までは意識すらしたことがなかったんだけど。



どうか冷却作業がうまくいって作業員の人たちの負担が減りますように


被災者の人たちに救援物資がスムーズに届きますように

『原発・核事故に備えろ』

原発・核事故に備えろ―どう逃げるか? (Gakken ECO‐BOOKS―地球市民として暮らす)原発・核事故に備えろ―どう逃げるか? (Gakken ECO‐BOOKS―地球市民として暮らす)
(2000/01)
林 義人、山崎 智嘉 他

商品詳細を見る



説明
ブックレビュー社

まだ記憶に新しい東海村の臨界事故を振り返り,原発・核事故から我々が身を守る術を提示する
JCO東海事業所で起こった臨界事故では,3人が被爆し,そのうち2人が亡くなった。広範囲の放射能汚染が予想されるとして,一般市民も避難を余儀無くされた。この事故は一体なんだったのか,国や自治体の対応に問題はなかったのか――。事細かに時間経過をたどって事故の実態を検証していく。さらに救急隊員の被爆など,事故にともなう被害の全貌を解き明かす。では,事故から身を守るにはどうすればよいのか。本書ではヨウ素剤の効果などを示しており,何を食べたらよいのか,どんな姿で逃げればよいのか,家をどんな状態にしておけばよいのかなど,すぐできる現実的な内容が満載だ。具体的で示唆に富む指摘は,緊急時の自分の判断力がすべてを決めてしまうことを如実に物語っており,緊迫感を感じる。さらに,私たちの身の回りに放射能はこれだけあると記し,事故はまた起きるかもしれないと結んでいる。不測の事態にどう対応するか,生き残るための方法を伝授してくれる現代版サバイバル読本。 (ブックレビュー社)
(Copyright©2000 ブックレビュー社.All rights reserved.)

内容(「BOOK」データベースより)
ついに原子力施設の深刻な事故が発生した。1999年9月30日のJCO(ジェー・シー・オー)東海事業所での臨界事故は、原子力施設初の死者を生み、多数の作業員の被曝に加えて、一般人の被曝、広範囲の放射能汚染、周辺住民の避難、交通のストップ、31万人の屋内退避など、最悪のシナリオを現実のものにした。この緊急事態に、東海村、茨城県、科学技術庁、首相官邸が、いったいどう機能したのか、どこがどうして機能しなかったのか、そして、市民が自らの手が自らを守るにはどうすればいいのかを本書で検証する。さらに、放射能、放射線とはなにか、どういうものとわれわれは共存しているのかも明らかにし、核・原子力事故から、家族を守るために、また、みずからサバイバルするために、どんな事態にどう対処すれば生き残れるのかを追求した。

内容(「MARC」データベースより)
ついに原子力施設の深刻な事故が発生した。この緊急事態に東海村、茨城県、科学技術庁、首相官邸は一体どう機能し、どう機能しなかったのか、市民が自らを守るにはどうすればいいのかを検証する。〈ソフトカバー〉




以前読んだ本です。

部屋の中で別の本(アトミック・ハーベストという本)を探していたらこの本を見つけました。


東海村で起こった臨界事故について書かれています。当時の事故と今回の事故は似ている気がします。


事故を知った段階では、水道水はまだ汚染されていないはずだから、ただちにポリタンクや浴槽などあらゆる容器に水をためるようにしよう


と書かれていました。


ヨウ素を排泄してくれるものとして
味噌、コンブ、ワカメ、蟹、お茶、玉葱の皮、柑橘類の果皮、クロレラ、クルミ、そば、人参、赤ワイン、ひまわり油、納豆が挙げられていました。


フラボノイド、タンニンを含むものはキレートとして排泄を促してくれるそうです。


まだまだ油断のできない状況なので、水・食糧の備えをしておくといいかもしれません。

続きを読む

相関をdevelopする?

英文の中に
「We developed ~相関」という表現が出てきた。


相関って作るものでもない。

「相関を発展させた」?「相関の式を作成した」?

って何だかデータを偽造してるみたいだな。

~に相関があることがわかった、ならわかるんだけどなぁ…


と迷っていたら、職場の人が一瞬にして解決してくれた


~に相関を見出だした



だそう。


納得


原文の意味を深く理解してるから出てくるんだろうなぁ。

夕日が沈んだあとの30分間


アーユルベーダでは日没後と日の出前の30分間が集中できる時間帯だと言われているようです。



反省

今日は反省することがあった。


せっかくオンサイトで翻訳してるのに、わからないことが出てきても職場の人に聞かず時間をかけて調べていた。帰りがけに聞いたら一瞬で解決した。


何のために通勤してるのかと言えば、聞ける人が身近にいるからなんだ。

なのに、効率の悪い仕事をしてしまった。


反省です。


明日からは早めに聞くことにします

遂に


やりかけてしまいました(;_;)


遅刻を、です


正解にはギリギリセーフで間に合ったのですが、今朝起きた時間は、いつも乗っている電車の時間の6分くらい後でした

あぁぁOrz


ちなみに夢を見てました。

試験を受けている夢です(京大の入試流出のニュースを見たからかな)。

問題を最初から順に解いていたのですが、ふと気づいたらまだ解答用紙には書き込んでなくて、書き込もうとしたら終了のが鳴るという悲しい夢です。


何だか今の自分の生き方を象徴しているような気がしました。


違うところに注意が向きすぎて、肝心なところを疎かにする傾向があるので。



とにかく睡眠時間をしっかり確保しよう。


帰り道に誘惑がいっぱいあるからなぁ。。。

朝がまた来る


ドリカムの歌詞にあったなぁ。


昨日朝から少し凹むことがあったのだけど、この空を見たらすっかり忘れた。


早起きして太陽の光を浴びようo(^-^)o

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

 south

Extra

いまなんじ?

プロフィール

 south

Author: south

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

読書カレンダー

本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ユーザータグ

相田みつを   

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

Free PDF to TXT converter
PDFZila

なかなか便利です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。