Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコの実態

最近、トルコ人の悪い面ばかり見ている気がする。

絨毯恋愛詐欺師とまではいかなくても、観光地にはそれに共通する気質のトルコ人男性がウヨウヨいるようだ。

その特徴とは、短時間の間に手のひらを返したように態度が変わること。

日本人から金が取れるうちは愛想を振りまき、取れないとわかった途端に冷たくなる。

この態度のギャップにどれだけショックを受けたことか。
ムカついて終わるならまだいいほうで、短時間の間にいきなり態度が変わる人に出くわすと、人間不信(トルコ人不信)になりそうになる。


先日、ドンドルマの店員に声をかけられた。
日本人を見つけるとすぐに声をかけてくるのが観光地のトルコ人。いきなり友達のように話してきて握手まで求めてきた。

しかし、私が値段を聞いた後、高いな~と思いしばらく考えていたら、愛想のよかった店員はいきなりアイスの蓋をかぶせ始めて「finish」と言った。今日はもうお終いだと言い出したのだ。

店員ですらこのような態度。道でナンパや客引きをしてくるトルコ人男性はもっとタチが悪い。

声をかけてきては、職業や年齢、未婚かどうかについて聞いてくる。観光客か、学生か、仕事で来ているかどうかも。

トルコ人の女性には絶対に聞かないようなことを平気で聞いてくる。

外国人なら聞いてもOKだと思っているようだ。

だから、親日派だからトルコ人は親切だと思っていたら詐欺師に遭うことになる。

よく考えてみれば、これは仕方ないのかもしれない。

観光地にいるトルコ人のほとんどは小学校しか出たことのないトルコ人男性。

客観的に物事を考える習慣がないんだと思う。

見た目は近代化した国でも人々の精神はまだまだ近代化できていないのかもしれない。

そして今日は、手押し車で資源ゴミを回収しているジプシーの男の子(歳は中学生くらい)にからまれかけた。

近所を歩いているときによく「アブラ~(お姉さんの意味)」と声をかけられていたのだけど、関わりたくなかったので無視をしていた。

そして、今日もいたので帽子を目深にかぶり通り過ぎようとしたら、その男の子ともう1人のジプシー少年がこっちに近づいてきて、動物の鳴き声の真似をし出した。

聞いていないフリをして通り過ぎたのだけど、やっぱり怖かった。

ただ遊んでいるだけならいいんだけど、これが度を越していつか犯罪に発展しないだろうかと考えてしまった。

外出するときはポケットに携帯を入れておいて、いつでも警察を呼べるようにしておかなければと思った。


トルコ人男性にハマる日本人の話を聞くけれど、私の周りの日本人の間ではトルコ人男性の評価はかなり低い。

お金持ちトルコ人は別として、一般に出会うトルコ人を見ていると、何故日本でトルコ人男性のイメージが良いのか未だにわからない。
スポンサーサイト

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

 south

Extra

いまなんじ?

プロフィール

 south

Author: south

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

読書カレンダー

本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ユーザータグ

相田みつを   

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

Free PDF to TXT converter
PDFZila

なかなか便利です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。