Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://believeitmakeit.blog68.fc2.com/tb.php/184-378b7c9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まだいてます

まだトルコにいます。

前回の記事を読み返していて、我ながら殺伐としたものを感じました^^;

知らないことに遭遇したら、まずはあのような反応をするしかなかったんだろうなぁとも思うのですが・・・


最近は、トルコの富裕層の生活をかいま見る機会に恵まれているので、また違った心境でいます。

トルコの富裕層は、人口のたった5%だそうです。

ということは、残りの95%はその富裕層のリッチな暮らしを羨ましがっている人たちということでしょうか。

もしくは、そんな贅沢な生活があるということすら知らずに平和に過ごしているか、羨ましがらずに自分の身の丈を知ってそれなりに生活を楽しんでいるのでしょうか。

私だったら自分の経済に見合った生活を楽しみますが、トルコには金持ち日本人(西欧人も?)を捕まえてリッチな生活を味わいたいという単純な発想をする人もいます。

こちらでは弁護士ですら日本のOLより収入が低いので。

貧しい人が金持ちになるのはなかなかできない国です。

大学に行くにもお金が要る。頑張って良い大学を出ても資産家のようなお金持ちにはなれない。



といっても、トルコのお金持ち(資産のある人たち)というのは本当にお金持ち。

大阪のミナミの繁華街のようなところにアパートを持っている人がいます。

そして、昨日そのアパートを見る機会がありました。

60歳くらいのダンディーなおじさんの家でした。ファッション関係の仕事をしているだけあっておしゃれな服装をしていました。

30歳くらいの娘さんがいるのですがもう家を出ているとのこと。

ちなみに、そのときは奥さんはいなかったのですが、もし離婚しているならトルコの女性は放っとかないだろうな~なんてことを友達が話していました。


部屋の中は、まずリビングが広い!
そして、ソファーが大きくて、すごく居心地の良い空間でした。

もちろん置いている家具もおしゃれ。

キッチンもアイランドキッチンで、レストランの厨房にあるような換気扇のフードもありました。

いるところにはいるんだなぁと実感しました。お金持ち。


帰る前にトイレを借りたのですが、トルコにしては珍しくジャグジー付きのバスタブがありました。

内装は、バスルーム全体は白を基調にしていて、備品はターコイズブルーで統一されていました。

お金持ちだからといって見せびらかすわけでもなく、普通に生活しているといった感じのおじさんでした。

トルコのお金持ちが必ず持っているアイテム、iPadももちろんありました。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://believeitmakeit.blog68.fc2.com/tb.php/184-378b7c9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

 south

Extra

いまなんじ?

プロフィール

 south

Author: south

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

読書カレンダー

本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ユーザータグ

相田みつを   

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

Free PDF to TXT converter
PDFZila

なかなか便利です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。