Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://believeitmakeit.blog68.fc2.com/tb.php/192-7a294ac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

完璧を求めない生き方




普段、トルコ人に対して不満を感じていたんだけど、今日は別の視点からトルコ人のことを考えた。


ようやく冬が終わりに近づいて、苺が店に並ぶようになったo(^-^)o

そこで、今年始めて苺を買った。
1キロあたり170円くらい。やっぱり安い。

で、持って帰って、すぐに洗って食べてみたんだけど、なかには傷んでいたり腐っているものがある。見過ごして食べてしまうと「ああぁ・・」と後悔してしまうことになる(^_^;)

よく考えてみたら、トルコではスーパーでもマーケットでも果物や野菜の中に一定の割合で傷んだものが入っている。

日本でなら返品するところだけど、こちらでは「しまった、ちゃんと見なかった自分が悪いなぁ。次からよく確認しよう」という気持ちになる。

もしくは、「運が悪かったなぁ」と思う。

苺の場合は、おじさんがスコップで入れてくれるので自分で選ぶことが出来ない。運なんだ。

もちろん日本で売られている果物や野菜の中にも傷んでいるものはあるけど、ほとんどは見切り品として値段が下げられるわけで、扱いが変わる。


トルコ人は小さい頃から、お店に傷んだ果物や野菜、腐った肉が売られていることを知っているから、完璧を求めないんだと思う。

生きているものは傷んでいる可能性がある。

だから、諦められる。


日本では、製品は完璧でなければならない。

だから、防腐剤をたくさん使う。

スーパーで買ったばかりの肉が腐っていることなんてほとんどない。

トルコでは、夏にはかなりの確率で腐った肉が売られている。

買うのが怖くなるくらい。



どっちが良いかといえば、日本だと思う。

いつも一定の品質が保たれているというのは、安心感につながる。


でも、売る側は絶えず緊張していなければならない。


これは、全てのサービス業にもいえる。

そして、人の生活全般にもつながっているんじゃないかな。


日本では、みっともない格好で外に出てはいけません、と親に言われて育つ。

みっともない生き方をしてはいけないと言われ、ニートになるとあまり外出できなくなる。
近所の眼が怖いので。


でも、トルコでは無職の男性でも平日の昼間から堂々と外に出てカフェでお茶している。

それで周りから変な眼で見られることはない。

変な人がいっぱいいるからかもしれない。

たぶんトルコ人的には、一定の割合で無職の人がいるのは当たり前という認識があるのかもしれない。

そして、完璧に触れる機会が少ないからかもしれない。



日本にももっと、小汚いけれど100円くらいで飲める安いカフェがたくさんできたらいいなと思う。

民家の軒先にテーブルと椅子を置いただけのカフェでもいい。


そして、ニートが昼間からカフェにやってきて、のんびりしている風景なんて、なかなかいいんじゃないだろうか。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://believeitmakeit.blog68.fc2.com/tb.php/192-7a294ac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

 south

Extra

いまなんじ?

プロフィール

 south

Author: south

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

読書カレンダー

本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ユーザータグ

相田みつを   

検索フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

Free PDF to TXT converter
PDFZila

なかなか便利です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。